トップ > 焼酎 > amazing #STILL LIFE
価格帯 > 3851~6600 > amazing #STILL LIFE
焼酎 > 芋焼酎 > amazing #STILL LIFE

amazing #STILL LIFE

人気の芋焼酎「なかむら」さんのところから25年ぶりの新しいコンセプトのお酒です。

以下、造り手の中村慎弥さんのコメントです。

内容が濃すぎて、僕の力じゃ伝えきれないのでそのまんま掲載させて頂いております。

ただし、今回のAmazingだけではなく中村酒造場の基本的な考え方・取組み等が見えてくる文章となっておりますので、いつもの中村さんの焼酎もより楽しめると思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

ほんのちょっとしか入荷しておりません。

売り切れたらごめんなさい。

<この一滴に、驚きと歓びを>をテーマに生み出された“Amazing series”。

「新たな味わいとは何か?」

「僕らが今、表現したいものは何なのか?」

これまで正統派な焼酎造りを100年以上行ってきた中村酒造場が、この2つを問い続けた答えが、2020年にようやく形になりました。

焼酎の背景には多くの名もなき先人達がいます。

100年以上もの間生息し続ける目に見えぬ微生物たち、大切に使い続けてきた道具。

それらの歴史の積み重ね抜きには決して造り得ない貴重な一滴を、ボトルの中に詰め込みました。

目の前にある風景、目の前にいる大切な人達。

“Amazing”は日常の中にこそある。

一つ一つを取りこぼさないように、真っ直ぐ向き合った先にできたのが“Amazing series” です。

中村酒造場の代表銘柄である『なかむら』以来、25年ぶりとなる新銘柄をお楽しみください。

STILL LIFE 2020

“Amazing series” の第一弾が『STILL LIFE 2020』です。

『STILL LIFE 2020』は1888年創業の石造りの麹室に生息する「室付き麹」を使用。100%当蔵オリジナルの微生物の力を焼酎造りに活かすことで、当蔵でしか表現出来ない唯一無二の味わいを目指しました。

さらにサツマイモの品種にハロウィンスイート(オレンジ芋)を使用。

グレープフルーツとライムに似たフルーティーな香りと紅茶のアロマが重なった、繊細かつオリジナリティ溢れる焼酎を実現できました。

中村酒造場が作り出す焼酎を一つの芸術品(アート)として考え、“Amazing series” のタイトルとエチケットの絵画を今井麗に依頼。今井は身近にあるものをモチーフにした独自の油彩画で、世界的に注目を集めている画家です。『STILL LIFE 2020』の特性を表現するため、グレープフルーツとライム、サツマイモの静物画を描いて頂きました。

鹿児島県産ハロウィンスイート

(オレンジ芋)

サツマイモの品種は、現在約60種ほどありますが、仕入コスト、でんぷん価や収得歩合(酒化率)の関係から、「焼酎に向いていない」とされ、使われていない品種が数多くあります。“Amazing series” では、既成の概念に囚われることなく、さまざまな芋の可能性を引き出すべく挑戦していきます。

『STILL LIFE 2020』に使用された鹿児島県産のハロウィンスイート(オレンジ芋)は、高系14号(なると金時・べにさつまなど)選抜から派生したさつまいもの新型品種。

生のままでは薄いオレンジ色、加熱すると濃いオレンジ色になる特徴があり、さつまいも+かぼちゃを思わせる様な独特の味わいがあります。 

室付き麹

麹造りに力を入れる当蔵にとって、“種麹”は非常に重要です。

日本酒や醤油・味噌などで主に使われる黄麹菌、沖縄(琉球王朝)から伝来した黒麹菌、そしてその黒麹菌から突然変異したとされる白麹菌。その白・黒・黄が酒造りに主に使用されています(現在当蔵で使用しているのは白・黒の2種類のみ)。

“種麹”は基本的に種麹製造専門の業者に委託し、選定→購入→使用が一般的です。

今回、僕らが取り組んだのは「当蔵だけの種麹は造れないか?」ということでした。

そして5年の研究を経て、創業当時から大切に使い続けている麹室の中に生息する生の3種類の種麹菌を育て麹を造り、発酵を経て、焼酎を造り上げることに初めて成功しました。

写真(こちらの写真のみ中村酒造場撮影)にある白麹菌(薄い茶色)黒麹菌(黒色)黄麹菌(緑色)を1:1:1の割合で仕込み、見事にそれぞれの麹菌の特性を活かすハイブリッドな麹ができあがった時は、造り手として純粋に感動と興奮を覚えました。

今回のAmazing seriesは中村酒造場ゆかりの「室付き麹」がベースとなり、またすべて酵母無添加(創業以来使い続けている大甕にて水と麹のみでの時間と手間を掛けた発酵方法。純粋酵母・差し酛等すべて無添加、櫂棒や温度計も通常の仕込みとは別にしております)で仕込んでおります。

エチケット・タイトル

今井 麗

画家の父のもと、子供の頃から旺盛に絵を描いてきたという今井麗は、1982年神奈川県生まれ。2004年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。06年頃より画家としての活動を本格化させ、初期ではフランス人形などをモチーフとした作品を発表。その後は、焼きたてのトーストやみずみずしい果物が並ぶ食卓の様子、またコアラやチンパンジーなどの動物のぬいぐるみ、アニメキャラクターのフィギュアが登場する室内風景などを描く。かけがえのない日々の記録でもある作品群は、油絵の古典的な技法を用いて制作され、対象物を的確にとらえるすばやい筆致が特徴。近年は光の効果を追求し、モチーフとなる食材そのものが内部から発光しているかのような、崇高な気配をまとう作品を手がけている。 「虎屋」の広告や、植本一子のエッセイ『かなわない』の装画などを担当。2012年にシェル美術賞本江邦夫審査員奨励賞受賞。

製造元 : 中村酒造場
価格 : 円(税込)
数量
 

鹿児島県

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ