一石屋酒店

たまがっど 四合瓶

たまがっど 四合瓶

1,386(税込)

数量

代表銘柄:いも麹芋

国分酒造

鹿児島県霧島市

 

いまや、多くの焼酎蔵にて造られる「芋麹」

平成9年。米麹を使わずに、芋を麹化し、芋のみでの蒸留に成功。

そのパイオニアにして、技術を解放した国分酒造さん。

「技術の国分」と言われる所以です。

その後も蔵元の笹山さんと杜氏の安田さんが知恵と工夫を凝らし、次から次へと新たなコンセプトの焼酎を世に送り出し、さらには焼酎ブーム後に行くあてが無くなった芋や米を引き受け、それらを用いた焼酎を造るなど、人情厚い側面も。

近年ではモノテルペンアルコールを多く生む「安田」や「フラミンゴオレンジ」といった、まるっきり新しい焼酎を世に問うています。

また、平成29年には、「いも麹芋」でのこの芋麹および「大正の一滴」で再現した老麹の技術により現代の名工を受賞しています。