一石屋酒店

真澄 茅色 KAYA 四合瓶

真澄 茅色 KAYA 四合瓶

1,320(税込)

数量

真澄 茅色 KAYA

純米酒。

収穫の秋、黄金色の田んぼが広がる風景をイメージ。

お米の恩恵を讃えるべく、精米歩合を抑えた地元信州米を使用。

やわらかく素直なお酒です。

真澄

宮坂醸造

長野県諏訪市

7年に一度行われる御柱祭を始め、諏訪には不思議な伝承や信仰があるそうです。

その中心となる諏訪大社の神宝である「真澄の鏡」からの酒名。

真澄を語る上で外せない出来事が昭和21年の品評会。(当時は鑑評会ではなく品評会らしいです)

春と秋にそれぞれの全国清酒品評会で上位三位を独占。

この頃、蔵で採取された酵母が、今の七号酵母です。

そして350年を超える歴史ある蔵が次の350年に向けて新しく造った「新しい真澄」

新しい真澄と宣言しながらも、より七号酵母にシフトしていく真澄。

全ての造りを七号酵母に変えていっています。

温故知新 是非。